人件費削減を狙うなら電話代行が断然お勧め

商談

顧客を分類し管理する

営業日報を書かせていても、商談管理が行えているかどうかは別の問題です。商談管理で重要なのは顧客の分類です。それぞれにアプローチが異なるためにしっかりと管理することが大切です。そこでツールを利用する事で、リアルタイムで管理しデータを共有することで、機会を逃すことなく商談を進めることが可能になります。

顧客対応力向上のために

通話

オプションメニューが重要

電話代行業者には大小、様々な会社があります。それぞれに特徴があるので、自社にとって最適な会社選びをしっかりと行いましょう。その中で電話代行業者選びのポイントとして重要なのがオプションメニューが充実しているか否かです。転送された電話に対応すると言う基本的な業務内容に電話代行業者間の大差は無いのでプラスアルファの部分でどの様な事が出来るかを見極めていくのが大切と言えます。例えば、電話口での顧客対応力の強化を図りたいと言う方にとっては、ある程度の質問事項や事務手続きをこなしてくれるオプションを要している業者は非常に強い味方となります。簡単なよくある質問事項を事前に共有しておく事で対応してくれる業者があるので顧客からの一時対応を高めたい方は積極的に導入を行っている会社を選ぶのが良いでしょう。また、業者によっては顧客との電話内容を録音しておいて、素の内容を音声データとして都度転送してくれるサービスを提供している所もあります。電話は顧客とオペレーター間の1対1でのやりとりの為、直接的に依頼者が対応の良し悪しを判断する事が難しいですが、音声データと言う形で依頼者自身も生の声を確認する事が出来るのは非常に魅力的なサービスと言えます。これらのオプションは有料となるケースもありますし、そもそも行っていないと言う業者もあるので、自社の顧客対応として取り入れたい電話対応サービスを見極めて電話代行業者選びを行っていきましょう。

ウーマン

インターネットを活用

マーケティングを実施する過程においてデータ収集には工数がかかります。人の手を活用するのであれば、人件費などのコストもかかります。インターネットを活用したマーケティングオートメーションは工数削減に大きく寄与するのです。

通話

代行で業務最適化

企業活動の業務を一部外部へ委託する事で、社員がより担当業務へ注力出来るメリットがあります。その中でも、注目されているのが、電話代行であり東京でも代行業者は数多く展開されていますので、まずは見積りから比較してみましょう。