人件費削減を狙うなら電話代行が断然お勧め

顧客を分類し管理する

商談

よりスピーディーな対応

営業日報と同じような役割だと思われがちな商談管理ですが、実は日報よりも重要な役目があります。これをしっかり管理していく事で、営業の効率を上げることにつながり、売り上げに貢献することが出来るのです。商談管理で重要視しなくてはならないのは、顧客を分類することです。現在取引している相手とこれから取引の見込みがある相手を一緒に分類していては、商談アプローチの戦略を立てることが難しくなってしまいます。これに未知数である開拓相手を加え、商談管理では顧客をだいたい3つ程度には分類する必要があるのです。一度に多くの企業を回るところでは、一日の終わりにこれらすべての分類を手作業でこなしていく事は、時間も労力も足りません。そこで商談管理をスムーズにできるツールを使うことで、積極的な営業につなげていく事が可能になります。インターネットを利用したツールでは、リアルタイムで商談管理が可能になり、会社にいる上司が、営業先にいる部下にすぐに指示を出すことも可能です。このことは商機を逃さず、スピーディーな対応が出来るということです。またそのデータを社員が共有することで、だれが商談に行っても、すぐに顧客のことが分かるというメリットが生まれるのです。このツールには、商談の際に聞きだした重要なポイントを書き込むことも重要です。例えば、担当者と決裁者が異なる場合は、決裁者の決定権が重要とも言えます。商談管理する上で、最後に話をまとめる人が誰であるのかを知っておくことは大切であるとも言えます。商談管理はそれほどまでに重要なことであり、顧客に応じてそれぞれに対応していくために、便利なツールを使用することが成功への鍵なのです。